読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風営法対象外プレイヤー

COJと音ゲーと水曜どうでしょう @fies6928

今一番破壊したいのは対面の定石とあなたの常識


〜まず始めに〜
f:id:reliance-in-deceit:20160601032112j:image
去年の10月にブログを開設して約7ヶ月半経ちましたが、先月10万アクセス突破しました!!
振り返れば10年程前、当時の携帯で簡単に作れるHPサイト(ふりーぺとか魔法のiランドとか)が流行ってた時期からちょくちょく自分のホームページやブログを開設しては消してを繰り返してきましたが、こんなにも多くの方に見ていただける日が来るとは・・・開設当時の自分も夢にも思っていませんでした。
この機会に改めてブログを見ていただいている皆様に御礼を申し上げます。
本当にありがとうございます!!


〜きっかけ〜
この「風営法対象外プレイヤー」開設に至ったきっかけは、当時COJ始めたての自分がCOJブログあんてなを発見し色んな方のブログを一通り目にした後に浮かび上がった一つの疑問からでした。

COJブログあんてなを書店と例えるなら、更新時間毎に表示される各エントリーが「新作本」ブログタイトルが「著者名」的なものになりますよね。
またまた例えになりますがそこで【スイカに塩をかけるのは何故か?】みたいな題名の本を見つけて「あぁ、そりゃ甘く感じるからじゃない?」って思いながらも気になって手に取りページをめくってみる。
すると「スイカに塩をかけると味の対比効果でスイカの甘みがより引き立つ為です」という想像通りな結論に至るまでの事を「スイカ」「塩」「味覚」等に項目分けして物凄く長文にし事細かに書いている本だった、と。
そして何故か最後は「皆さんも明日からスイカに塩、かけてみてくださいね」みたいな感じで締められてる。読んだ感想としても「うん、そりゃそうだよね」で終わりでした。

毎日色々な本を読みましたがなかなか目当てのモノが見当たらなかったので「じゃあ駄目元でチャレンジしてみるか!」とブログ開設に至った次第です。
そのジャンルが例えるならエロ本でした。
先の疑問というのも「何でこの本屋は堅苦しい本ばっかでエロ本置いてないの?」というものです。例えるならね。
「オレァ勝ちたいんや!」と勝ちたいんやオーラ全開のエージェントが実績のあるエージェントの本を探して自分との答え合せをしたり勝ちへのヒントを得たり学んだりする、そんな中で一冊だけ「確実に妊娠して欲しいユニット」みたいな本があったとしたら、「いやいやなんでこいつだけユニット妊娠させようとしてんの?思考型TCGぞこれ」となるんじゃないか?
その訴求力はかなり高いんじゃなかろうか?と思いました。

実践的な事では自分が書く物は他の方の「下位互換」にしかならないのは明白だし既にその路線は飽和状態。
もうそうなると残された道はエロ路線しか無かったんですよね。
メタを読んだのではなく基本は自分の衝動に従って好きなようにやってきただけですが、物珍しさかこうやって沢山の方に見てもらえたので狙いは良かったのかな、と思います。
そしてこの文章自体がブーメラン気味なのも詰めが甘い僕らしくて良いんじゃないかなと。

この節目を迎えて自分の中でも一区切りついたので、今後の「風営法対象外プレイヤー」もCOJと時を同じくバージョンアップしていかなければと思っています。
これからも宜しくお願い致します。



〜タイトル〜
ver2.0からの戦績ですが、
5/26 13-14
5/27 3-1
5/29 8-10
5/30 9-9
で通算33-34です。ランクはS2。
使用デッキのメインは赤単と神威さん作成の青単レベコンを少しいじったもの。f:id:reliance-in-deceit:20160601051800p:image
f:id:reliance-in-deceit:20160601051802p:image
赤単はゲージ溜め込んでパイモン出された瞬間に「霧谷大先生(サイレンスビロウの早期発動の件)お願いします!」状態になるのがクッソ弱いです。
タイトルではそれらしい事書いてますが本当に今一番破壊したいのはパイモンです。それくらいつらい。
あまりにつらいので「霧谷もマッドサイエンティストだけどパイモンがおっぱいモンスターの略なのか考えて思わず勃起したりするんだろうか?」「赤のアザゼルと紫のアザゼルはどっちが受けとか攻めとかあるんだろうか?」「パルスのルシファーのルシがパージでコクーンなのだろうか?」とか一生懸命現実逃避の末のアルカナ空間の中で更に現実逃避を繰り返しています。気付いたらムキムキのナスかうに囲まれて死んでます。

レベコンに関しては自分のプレイングが一番コントロール出来てない模様。
とにかくプレイング遅すぎてストレスが溜まる一方でジョーカーは全然貯まらない日々。
死に方も算数間違えて頓死、自軍レヴィに青挑発打たれる→相手レヴィOC→自軍全ユニットOC→イザナミで頓死、ルシファーにドヤ顔でアムネシア打ったらスピム止められなくて頓死等様々なバリエーションを毎日生み出しています。
6/18の大会に向けてもう少し紫単への勝ち方を学んでいかないとですね。


〜最後に〜
何の脈略もありませんがこの間食べて感動したので宣伝。
大分県が誇る庶民の胃袋の救世主、鳴門うどんから「鳥天ぶっかけうどん」を紹介させていただきます。
f:id:reliance-in-deceit:20160601055339j:image
鳴門うどんの大きな特徴として全ての麺類メニューが「麺の量が1玉(300g)〜3玉(900g)まで無料で選べる」仕様があります。0.5刻みも可能な親切さ。
そしてそのメニューの中でも一番のコスパと名高いこの鳥天ぶっかけうどん、何と550円です。
セットで親子丼、カツ丼、ステーキ丼等も付けられますがそれを合わせてもなんと1000円越えません。
またこの鳥天がジューシーでうまい!物足りない方は鳥天単品300円でも頼めます。
温と冷を選べますが今からの時期はやはり冷で、熱々の鳥天につゆをくぐらせて大根おろしを乗せてレモンを一絞り・・・麺と共にあっさりと召し上がっていただきたい。

大食いに自信の方、取り敢えず鳥天が食べたい方、大分にお立ち寄りの際は是非「鳴門うどんの鳥天ぶっかけうどん」食べてみてください。
(一部店舗は取り扱いが無い可能性があります)


では